フィット 買取 査定

下取りと買取りの違い

下取りとは、ディーラーで車を買う時、
愛車を買取ってもらい、
その分値引きに反映することを言います。

 

場合によっては値引きと下取りを一緒にされます。

 

どういうことかと言うと、下取りと値引きを一緒に考え、
値引きを大きくすると、安くなったように感じます。

 

たとえば、値引きと下取りを合わせて50万円だとします。
値引きを40万円と言われると、
ものすごく値引きしたように感じます。

 

その後下取り10前円と言われると、そんなもんかと思います。

 

実際に車の価値が20万円だとしても気がつきません。
また下取り後オークションで処分するのが一般的です。
もちろんそこでも利益がでます。

 

下取りは全部ディーラーで手続きしてくれるので楽です。
その反面金額的にはあまりお得ではありません。

 

また高価なパーツなんかもあまり金額に反映しません。

 

買取はメリットが多い

買取は、車の本当の価値が出やすいです。
一括査定だとさらに競争なので、
査定額が上がる傾向にあります。

 

高価なパーツやグレードも
価格に反映されやすいです。

 

当たり前ですが、買取後現金が振り込まれます。

 

いくら値引きになるのかわからないディーラーと違って、
予算が組みやすくなります。

 

デメリットとしては、車の相場が変わることです。

 

買取後オークションか自社の中古車販売店で
買取った車を販売します。
当然相場が動きます。

 

また不人気車はどうしても安く買取られます。